多焦点レンズ

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

選定療養について

 選定療養とは、患者様ご自身が選択して受けることができる追加的なサービスです。白内障手術(水晶体再建術)に対しては保険診療で行い、多焦点眼内レンズと通常の保険診療で使用する単焦点眼内レンズの差額代金+多焦点眼内レンズ手術に必要な検査代金が追加費用ということになります。

 

選定療養の多焦点眼内レンズ(国内承認眼内レンズ)

レンズ外観
名称 Tecnis Multifocal
テクニス マルチ
Tecnis Symfony
テクニス シンフォニー
PanOptix
パンオプティクス
Tecnis synergy
テクニス シナジー
構造 2焦点 回折型 EDOF 回折型 3焦点 回折型 連続焦点
乱視レンズ
焦点の特徴 遠方・近方 遠方~中間
(連続的)
遠方・中間・近方 遠方~近方
(連続的)
近見の
焦点距離
33cm,42cm,50cm
のいずれかを選択
66cm 40cm 35cm
光透過性 80% 92% 88% 非公表
生産国 アメリカ(AMO) アメリカ(AMO) アメリカ(Alcon) アメリカ(AMO)
費用(税込) 132,000円 154,000円
乱視用165,000円
220,000円
乱視用242,000円
231,000円
乱視用253,000円

費用は片眼あたりの料金です。上記の金額に保険診療料金が発生いたします。

1割負担:約20,000円
3割負担:約60,000円